ニュース&トピックス お問合わせ

若手研究者グローバル人材育成プログラム若手研究者グローバル人材育成プログラム

電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。
トップページへ
トップページへ 事業概要 本学の取り組み ミッションステートメント トップページへ 若手研究者の紹介
本学の取り組み

採択プログラム「先端領域若手研究者グローバル人材育成」の概要

電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。


この経験を基に平成19年度文部科学省科学技術振興調整費「若手研究者のための自立的環境促進」に採択され、新しい人事システムを開始しました。


本学では、既に取り組みつつある人材システム改革として、今後の大学を担って、実質的中核になりうる准教授ポストについては、完全公募で優れた人材を募ることとしています。


また、平成19年度以降採用する助教については、すべて任期付きとし、公募によって広く人材を募るとともに、任期途中での、あるいは任期終了時での准教授等の公募に耐える人材に育成するものとしています。新たな人事システムの導入により、助教の公募制をテニュア・トラック制度(特任助教の国際公募)に連結させるものとし、人材像とレベルを明確にします。


テニュア・トラック終了後のテニュア・ポストは、人材像の明確な准教授または教授とします。すなわち、これらの教員を国際的レベルの研究を担う集団とし、国際的活動と社会との連携を密にした活動をその特徴とします。こうした活性化の影響を特に次の世代の助教クラスに波及させます。また、こうした教員による教育によって学生(特に大学院生)に良い影響を与え、国際的視点とレベルへの指向性をもった理工系の人材を社会に輩出できる教育研究体制の構築を目指します。


本学の取り組み図
*ICT : Information and Communication Technology(情報通信技術)の略

本プログラム終了後は、この制度を新規助教の採用に拡充し、定着させる予定です。
Copyright(c) UEC. All Rights Reserved.