ニュース&トピックス お問合わせ

若手研究者グローバル人材育成プログラム若手研究者グローバル人材育成プログラム

電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。
トップページへ
トップページへ 事業概要 本学の取り組み ミッションステートメント トップページへ 若手研究者の紹介
若手研究者の紹介

プロフィール

古川 怜
Rei A. Furukawa
e-mail: furukawaee.uec.ac.jp

職名/Position Title: 特任助教
  Assistant Professor

研究分野/Research Field: 有機デバイス
  Organic optoelectronics devices

キーワード/Keywords: フォトニクスポリマー
半導体プロセス
バイオインスパイヤード材料
  optical properties of thermoplastics
microfabrication
bio-inspired structures

学歴:
(大学卒以降)
MS University of Washington 2006
PhD慶応義塾大学 2009

主な研究業績
/publications:
  1. R. Furukawa, C. Xu, and M. Taya, Materials Research Society Symposium Proceedings, Vol. 937, Conjugated Organic Materials: Synthesis, Structure, Device, and Applications, pp53-58, 2006.
  2. R. Furukawa, A. Tagaya, S. Iwata, and Y. Koike, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2: Letters, Vol. 46, No. 47, ppL1182-L1184, 2007.
  3. R. Furukawa, A. Tagaya, S. Iwata, and Y. Koike, The Journal of Physical Chemistry C, American Chemical Society Publications, Vol. 112, pp7946-7952, 2007.
  4. R. A. Furukawa, A. Tagaya, and Y. Koike, Applied Physics Letters, American Institute of Physics, Vol. 93, No. 10, pp103303/1-3, 2008.
  5. R. A. Furukawa, A. Tagaya, and Y. Koike, Vol. 48, pp022503/1-7, 2009.
  6. R. A. Furukawa, A. Tagaya, and Y. Koike, ACS Applied Materials & Interfaces, American Chemical Society Publications, Vol. 1, pp720-725, 2009.

受賞歴/honors:
  1. 慶応義塾大学理工学研究科総合デザイン工学専攻2008年度優秀研究活動賞(博士)受賞
  2. Puget Sound Chapter ASMI (The Materials Information Society) Meeting, Graduate student speaker, Seattle, USA, (April 2006)
  3. 2001年度関東体重別学生空手道選手権大会第2位

自己紹介
/research interest:
 高層ビルの骨組みをプラスチックで作る人があまりいらっしゃらないように、一般的に有機材料は強度と耐久性において無機材料よりも劣ります。その一方で、有機材料にしか成し得ない機能も沢山存在し、その一例として生体系が挙げられます。私は、そういった自然に模した有機材料の特徴や利点を活かした、技有りなデバイスを提案して行く事を目指しております。
 また、有機デバイスの研究は、扱う材料の反応性の高さゆえ、色や形状の変化などを直接観察できる機会が多く、学生さんにとって実に楽しく研究を進められる分野であると思います。それに加え、有機無機の隔たり無く、物質の構造や特性、更には身の回りにあるデバイスへの応用までを総合的に理解するに当たって、最適な分野であると考えます。よって、企業ならびに学術界において独創的な視点に立ち、エンジニアとして重宝される人材の育成を目指しております。
 研究トピックとしては、光合成系を模した太陽電池ならびに複屈折を制御したサーモプラスチックの微細光学デバイスなどを手がけて行こうと思っています。ご興味を持たれましたらば、どなたでも是非ご気軽にコンタクトして頂ければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。 
While much of the scientific literature to date has focused on the inexpensive nature and the ease of fabrication in creating polymer devices; I believe their potential, even with regards to overall performance, remains largely untapped. One of the most attractive characteristics of polymers is their capacity to be fabricated in a wide variety of structures; even structures found in nature – only our imaginations limit the potential for polymer devices.
My personal goal is to create an environment that fosters creative thinking among my students and researchers and to help guide those ideas into realization. My belief is that polymer research is an excellent first step for aspiring scientists to start their career paths. One reason for this is that while working with polymers students can interact with the materials directly, instead of their research being reduced to observing abstract peaks found on an instrumental read-out. Another reason for doing polymer research is that it often involves work with both organic and inorganic materials, thus providing a solid background from which one may use go into any number of future careers.
I will be starting up my research group focusing on many different topics, including: 1) Development of materials possessing wide wavelength region for solar cells utilizing Förster resonance energy transfer and 2) Electromagnetic phase control of an on-chip waveguide using micro-patterned birefringence-controllable thermoplastics. Any comments or discussions are always welcome. Finally, of course, our group welcomes both Japanese and international students.

Copyright(c) UEC. All Rights Reserved.