ニュース&トピックス お問合わせ

若手研究者グローバル人材育成プログラム若手研究者グローバル人材育成プログラム

電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。
トップページへ
トップページへ 事業概要 本学の取り組み ミッションステートメント トップページへ 若手研究者の紹介
若手研究者の紹介

プロフィール

松浦 基晴
Motoharu Matsuura
e-mail: m.matsuurauec.ac.jp

URL: http://pcwave3.ice.uec.ac.jp/Matsuura/
職名
/Position Title:
特任准教授
Associate Professor

研究分野
/Research Field:
光通信システム、光エレクトロニクス、
光・無線融合通信システム
Optical communication systems,
Opto-electronics,
Optical and wireless integrated communication systems

キーワード
/Keywords:
光信号処理
フォトニックネットワーク
光ファイバ無線
  Optical signal processing
Photonic networks
Radio-on-fiber

主な研究業績:
【最近の学術論文】

  • M. Matsuura, B. P. Samarakoon, and N. Kishi, “Wavelength-shift-free adjustment of the pulsewidth in return-to-zero on-off keyed signals by means of pulse compression in distributed Raman amplification,” IEEE Photonics Technology Letters, vol. 21, no. 9, pp. 572-574, May 2009.
  • M. Matsuura and N. Kishi, “Wideband wavelength-flexible all-optical signal regeneration using gain-band tunable Raman amplification and self-phase-modulation-based spectral filtering,” OSA Optics Letters, vol. 34, no. 16, pp. 2420-2422, Aug. 2009.
  • Y. Cai, M. Matsuura, E. Oki, N. Kishi, and T. Miki, “Optical drop-add-drop network architecture with centralized multi-carrier light source,” IEEE Communications Letters, vol. 13, no. 9, pp. 700-702, Sep. 2009.
  • Y. Cai, E. Oki, M. Matsuura, N. Kishi, and T. Miki, “Design and evaluation of an optical broadcast-and-select network architecture with a centralized multicarrier light source,” IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, vol. 27, no. 21, pp. 4897-4906, Nov. 2009.
  • H. N. Tan, M. Matsuura, T. Katafuchi, and N. Kishi, “Multiple-channel optical signal processing with wavelength-waveform conversions, pulsewidth tunability, and signal regeneration,” OSA Optics Express, vol. 17, no. 25, pp. 22960-22973, Dec. 2009.
  • M. N. Bhuiyan, M. Matsuura, H. N. Tan, and N. Kishi, “Polarization-insensitive and widely tunable wavelength conversion for polarization shift keying signal based on four wave mixing in highly non-linear fiber,” OSA Optics Express, vol. 18, no. 3, pp. 2467-2476, Feb. 2010.
  • M. Matsuura and E. Oki, “Optical carrier regeneration for carrier wavelength reuse in a multicarrier distributed WDM network,” IEEE Photonics Technology Letters, vol. 22, no. 11, pp. 808-810, June 2010.
  • N. Kitsuwan, R. Rojas-Cessa, M. Matsuura, and E. Oki, “Performance of optical packet switches based on parametric wavelength converters,” IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, vol. 2, no. 8, pp. 558-569, Aug. 2010.
  • H. N. Tan, M. Matsuura, and N. Kishi, “Enhancement of input power dynamic range for multiwavelength amplification and optical signal processing in a semiconductor optical amplifier using holding beam effect,” IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, vol. 28, no. 17, pp. 2593-2602, Sep. 2010.
  • Y. Cai, M. Matsuura, E. Oki, N. Kishi, and T. Miki, “A resilient star-ring optical broadcast-and-select network with a centralized multi-carrier light source,” Springer Photonic Network Communications, vol. 20, no. 3, pp. 293-302, Nov. 2010.
  • M. N. Bhuiyan, M. Matsuura, H. N. Tan, and N. Kishi, “Simultaneous multichannel wavelength conversion of polarization shift keying signal with different channel group-delay and state of polarization,” Elsevier Optics Communications, vol. 284, no. 2, pp. 665-669, Jan. 2011.
  • M. Keri, E. Oki, and M. Matsuura, “Wavelength assignment in multi-carrier distributed optical ring networks with wavelength reuse,” IEEE/OSA Journal of Optical Communications and Networking, vol. 3, no. 4, pp. 281-289, Apr. 2011.
  • M. Matsuura and N. Kishi, “High-speed wavelength conversion of RZ-DPSK signal using FWM in a quantum-dot SOA,” IEEE Photonics Technology Letters, vol, 23, no, 10, pp. 615-617, May 2011.
  • N. Kitsuwan, H. N. Tan, M. Matsuura, N. Kishi, and E. Oki, “Recursive parametric wavelength conversion scheme for optical packet switch,” IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, vol. 29, no. 11, pp. 1659-1670, June 2011.
  • Q. N. The, M. Matsuura, H. N. Tan, and N. Kishi, “All-optical NRZ-to-RZ data format conversion with picosecond duration-tunable and pedestal suppressed operations,” IEICE Transaction on Electronics, vol. E94-C, no. 7, pp. 1160-1166, July 2011.
  • M. Matsuura and N. Kishi, “Flexible broadband wavelength conversion in quantum-dot semiconductor optical amplifiers,” IEEE Photonics Technology Letters, vol. 23, no. 15, pp. 1097-1099, Aug. 2011.
  • M. Matsuura, O. Raz, F. Gomez-Agis, N. Calabretta, and H. J. S. Dorren, “320-Gbit/s wavelength conversion using four-wave mixing in quantum-dot semiconductor optical amplifiers,” OSA Optics Letters, vol. 36, no. 15, pp. 2910-2912, Aug. 2011.
  • M. Matsuura, O. Raz, F. Gomez-Agis, N. Calabretta, and H. J. S. Dorren, “Ultrahigh-speed and widely tunable wavelength conversion based on cross-gain modulation in a quantum-dot semiconductor optical amplifier,” OSA Optics Express, vol. 19, no. 26, B551-B559, Dec. 2011.
  • M. Matsuura, N. Calabretta, O. Raz, and H. J. S. Dorren, “Multichannel wavelength conversion of 50-Gbit/s NRZ-DQPSK signals using a quantum-dot semiconductor optical amplifier,” OSA Optics Express, vol. 19, no. 26, B560-B566, Dec. 2011.
  • Q. N. The, H. N. Tan, M. Matsuura, and N. Kishi, “Generation of multi-wavelength picosecond pulses with tunable pulsewidth and channel spacing using a Raman amplification-based adiabatic soliton compressor,” OSA Optics Express, vol. 20, no. 2, pp. 1230-1236, Jan. 2012.
  • M. Matsuura, F. Gomez-Agis, N. Calabretta, O. Raz, and H. J. S. Dorren,“320-to-40-Gb/s optical demultiplexing using four-wave mixing in a quantum-dot SOA,” IEEE Photonics Technology Letters, vol. 24, no. 2, pp. 101-103, Jan. 2012.
  • H. N. Tan, M. Matsuura, and N. Kishi, “Parallel WDM signal processing in mixed NRZ and RZ transmission networks using a single optical gate with multiple switching windows,” IEEE Journal of Selected Topics in Quantum Electronics, to be published, Mar./Apr. 2012.
  • H. N. Tan, Q. N. The, M. Matsuura, and N. Kishi, “Reconfigurable all-optical OTDM-to-WDM conversion using a multiwavelength ultrashort pulse source based on Raman compression,” IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology, to be published, 2012.

【受賞、特許等】
  • 日本エリクソン Ericsson Young Scientist Award 2008年11月
  • 財団法人船井情報科学振興財団 船井情報科学奨励賞 2009年4月
  • 財団法人電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞 2011年3月

【外部資金獲得状況】
  • 2007年度 財団法人 国際科学技術財団 研究助成金(研究代表者)「フォトニックネットワークのための光可変遅延回路に関する研究」
  • 2007〜2002007年度 財団法人 矢崎科学技術振興記念財団 奨励研究助成金(研究代表者)「超広帯域フォトニックネットワークのための高機能光信号処理技術に関する研究」
  • 2009年度 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B)(研究代表者)「光ファイバ無線のための広帯域フェーズド・アレーアンテナシステムの研究」
  • 2008年度 財団法人 カシオ科学振興財団 研究助成金(研究代表者)「フォトニックネットワークのための光信号波形制御による全光ノード技術の研究」
  • 2008年度 財団法人 倉田記念日立科学技術財団 研究助成金(研究代表者)「広帯域波長変換を用いたフォトニックネットワーク技術に関する研究」
  • 2008年度 財団法人 中部電力基礎技術研究所 研究助成金(研究代表者)「マルチモード光ファイバで構成された光給電型光ファイバ無線アクセスシステムに関する研究」
  • 2008年度 公益信託 小澤・吉川記念エレクトロニクス研究助成基金 研究助成金(研究代表者)「光信号再生型光バッファ回路に関する研究」
  • 2008年度 財団法人 電気通信普及財団 研究助成金(研究代表者)「全光信号変換回路を用いたフォトニックネットワーク技術に関する研究」
  • 2009年度 財団法人 村田学術振興財団 研究助成金(研究代表者)「フォトニックネットワークのための高性能マルチキャリア光源の開発」
  • 2009年度 財団法人 中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成金(研究代表者)「高効率・省電力化のためのフォトニックネットワーク技術の開発」
  • 2009年度 財団法人 KDDI財団 調査研究助成(研究代表者)「高度変調方式に適用可能な広帯域光波長変換」
  • 2011〜2013年度 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B)(研究代表者)「光キャリア再生可能なフォトニックネットワーク技術の研究」

自己紹介: 情報通信技術の急速な発展に伴い、必要な情報を瞬時に入手・送信・共有が可能な通信 インフラを構築する要望が高まっています。このような通信環境を実現するには、超高速・大容量のデータ転送が可能なネットワーク技術が必要不可欠になってきます。また、将来の地球環境・エネルギーに対する観点から、ネットワーク全体の省電力化に対する取り組みも重要な技術課題となります。

フォトニックネットワークは、伝送回線を全て光技術で構成することで、電子回路の処理速度限界に制約を受けることなく、超広帯域・超高速伝送を可能にするネットワーク技術です。将来の情報通信基盤技術として、世界中で活発な研究開発が進められていますが、今後も通信トラヒック量の急増が見込まれる昨今において、フォトニックネットワークにも、さらなる 大容量化とそれに付随する省電力化が可能な技術開発が求められています。また、近年の通信サービスの多様化に伴い、用途や目的に応じて、様々な通信方式や通信トラッヒック変動にも適応可能な高度ネットワーク技術の実現も期待されております。

私の研究では、これらの要求に対応するため、光信号処理による独自技術を基盤にして、フォトニックネットワーク高度化のための要素技術の研究開発を行います。

Copyright(c) UEC. All Rights Reserved.