ニュース&トピックス お問合わせ

若手研究者グローバル人材育成プログラム若手研究者グローバル人材育成プログラム

電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。電気通信大学は、ICTおよび関連する諸分野における研究実績は極めて顕著なものがあり、それぞれの研究活動を通して、大学院生や助教クラスの人材育成を積極的に図っています。
トップページへ
トップページへ 事業概要 本学の取り組み ミッションステートメント トップページへ 若手研究者の紹介
トピックス&お知らせ
H21/4/14   早瀬潤子特任助教が文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞
 早瀬潤子氏(先端領域教育研究センター 特任助教)が、平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞いたしました。
 本賞は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象とするもので、平成21年度は全国から選ばれた若手研究者81名が受賞いたしました。
受賞業績:「通信波長帯における半導体量子ドット量子コヒーレンスの研究」


 半導体量子ドット中の励起子の量子コヒーレンスを光パルスにより制御する技術は、量子情報分野において不可欠だが、特に量子情報通信において重要な通信波長帯で量子ドットの量子コヒーレンスを研究した例はなかった。
 早瀬氏は、歪補償法と呼ぶ特徴的な手法で作製した超多重積層量子ドットを用いて、通信波長帯での高精度フォトンエコー測定を可能にし、通信波長帯における励起子のコヒーレント制御を初めて実現した。その結果現在世界最長の励起子コヒーレンス時間を達成し、ラビ振動と呼ばれるコヒーレント振動の制御を通信波長帯において初めて成功させるなどの成果をあげている。
 本研究成果は、安全・安心かつ大容量通信を可能にする量子情報ネットワークの構築や、新しい量子状態生成に向けた基盤技術の発展に大きく貢献すると期待される。


主要論文:
「Radiatively limited dephasing of quantum dot excitons in the telecommunications wavelength range」Applied Physics Letters、vol. 91、p. 103111/1~3、2007年9月発表


「Long dephasing time in self-assembled InAs quantum dots at over 1.3 μm wavelength」(応用物理学会講演奨励賞)、Applied Physics Letters、vol. 88、p. 261907/1~3、2006年6月発表



<< トピックス&お知らせ一覧に戻る
Copyright(c) UEC. All Rights Reserved.